威嚇してからでは遅く【威嚇しようとしたら】

以前ペットショップに行ったら販売店の自分に聞いた内容です。

よく耳にする「うちの犬は気が強くて〜」と言って噛まれることに馴れて、
どんどん、それを許しちゃっている飼主様が多いみたいです。

【飼い犬が飼主に噛みつく】これはどうしても絶対にNoみたいです。

便所のしつけや無駄吠えするよりもまずは【噛みつく】
こういうしつけが一番先に取り組むべきトラブルだそうです。

「噛み中毒」にはいろいろあるみたいで‥

まずは遊びの甘噛み、そして強迫して噛む、その他は恐がって噛むなどなど。

いかなるタイミングで噛んでいるか、飼主が観察して対応するのが肝要みたいです。

一心に仔犬の時にオモチャで遊んだりしたときに多いですが、遊びのときに甘噛みする場合は
遊ぶのをやめて【無視する】これが効果的であり有効的だそうですよ。

そして成犬なってから強迫して噛む場合に、
よく鼻ビビッや口をつかんだり、叩いたりするしかたがあるみたいですが
体罰を与えたしつけはきちんとよくないと聞きました。

気のしょうもない犬には一時的には効果があるみたいですが、
気の強い犬は余計に突入性がでてきたり、また飼主とのきずなが損なわれちゃうみたいなので、
やめた方がいいみたいです。

とりあえず強迫して噛む場合は、縄張り気分もしくは噛む意義を下に見ているからだそうです。
この場合は、飼主様の立て役者を回復させることからゼロないと噛みつきは治らないんだそうです。

取り敢えず犬が強迫しようとしたら毎度決まった少ない用語で制止する。
ここでポイントと注意点は、、強迫してからでは遅く【強迫しようとしたら】だそうです。

それと、犬が何か要求してきたらとにかく「お座り」等のような講習を出してから犬の注文に応える。
犬がそれに従わなければ注文には応えずに無視してその場を立ち去るというしかた。

一際、言うことをきかない時は騒がしく言ったりせず、無視してその場を立ち去る。
そうすることで犬は「飼主には従わなければいけないのか〜」
と学習してくれるみたいですが、必ずしも知らんぷりが効果的であり有効的であるとはいわれても
知らんぷりばかりできるのかってところですが‥これって飼主も辛抱のいる考えですね。

でも根気よく教えていけばどうしても噛み中毒を断ち切ることはできるみたいなので、
気長〜に教えて行こうかなと思います。
でもとにかく、どういう場合も飼主と犬のきずなが絶対条件だと言ってましたよ。このサイト